田舎(地方)に移住して長時間労働がなくなる事が理解できる図

単純な結論として、都会に住むよりも田舎暮らしの方が幸せであるということを、図解で説明しますね。

東京に比べ家賃の相場が安い

まず、都会暮らしと田舎暮らしでは、毎月の出費が違うんですよね。
食費なんかはそんなに変わらないかもしれませんが。
ですが家賃は大きく違うはずです。
試しに東京の人気住宅地、吉祥寺の家賃相場をhome’sでしらべて見ました。
これです。

東京の吉祥寺、家賃相場

Rent-market-rate

え……
正直ここまで高いとは思わなかったです。
僕も5年くらい東京に住んでたんですけどね(笑)
その時の感覚はもう全然無くなってしまったみたいです。

ワンルームですでに7.12万円ですか……
高いなぁ……
もうびっくりしすぎて高いなぁとしか言いようがないくらいです(笑)

因みに僕が今の糸島に住む前は、福岡県福岡市の南区に住んでました。
そちらは家賃が6.5万円、駐車場代が7千円で計7万円でした。
新築でかなり住みよい物件でしたよ。

今は賃貸ではないので比較対象にはなりませんが、家にかかっている費用は月額2万円程度です。

ええと、前置きが長くなりましたが、本題の図解を持ってきますね。

ちょっとこれ見てください。
どどんっ!

多分これ見ただけでも言いたいことは理解してもらえるんじゃないかと思います。
ですが、一応詳しく説明して行きますね。

田舎(地方)での仕事は単純に東京よりのんびりやっていいと思う

お金を稼ぐことって対価をもらうことじゃないですか。
価値のあるものを作って、それに対してお金をもらう。
お金をもらったら、今度はそれで家賃を払う。
家賃を払ったら、そこで初めて今の家に住み続けられますよね。
こんな風に、僕らは生活に必要な物をお金を介してやりとりしてます。

図解するとこうです。

これを数字に例えるならば、7万円の価値があるサービスを提供したとします。
そしたら相手が7万円くれました。
それを大家に7万円渡しました。
大家から1ヶ月、賃貸物件に住まわせてもらいました。
という感じです。

「給料が家賃と同じなんて破産しちゃうよ」っていうツッコミはとりあえず無しでお願いしますよ(笑)

そしたらですね、こう思いませんか?
「家賃が安かったら、お金あまらね?」
そうですよね!
この状態で家賃が安かったら、お金余るじゃないですか。
そしたら家賃で余った分は他の生活費に回すなり、趣味に使うなりできるからハッピーじゃないですか。

住むところが違うだけで出るお金が違うんですから、これは地方の方がいいに決まってます。
ここまでの条件下ではですね。

因みにこれは逆説的ですが、住むところを変えても、自分のサービスが向上することはなかなかないです。
7万円のサービスに対して帰ってくる対価は7万円ですから、住むところを変えても収入は上がらないんです。
地方に転勤して給料がうなぎ登りなんて話ないでしょ?
「どこでも自分の好きな仕事ができる」という人でも、東京にいる時と福岡にいる時でサービスの違いはありません。
地方に行って収入の上がる人は、地方にインスパイアされてより高い価値のサービスを提供した人です。

僕が前に働いていた職場では、地方に比べ東京の方が収入が月に3万円おおいようでした。
家賃の高騰分にくらべたら3万円なんてぜんぜん追いつかないんですけど(笑)

住むところを変えても収入は変わらない。
住むところを変えたら支出は変わる。
それならば、支出の少ないところに住むのがベターな選択肢と言えますね。

東京と比べて生活費の相場が下がるので、その分お金を稼がなくてよくなる

さっきの図解がよく理解できたので、あなたはさっそく引っ越しました。
そしたら2万円生活費が浮いてきたんですが、特に趣味もないので、結果余ってしまいました。

ふと思ったのですが、なんであなたはこの余った2万円のために、いろんなストレスを抱えてるんでしょうね……?

その状態は、図解するとこんな感じです。

サービス自体の価値は3万円
長時間労働をした報酬が2万円
上司と部下を調整した役職給が2万円

これで得た対価が7万円。

あららら、余った2万は結局何も使わずじまいになってしまいましたね。

話はかわりますが、仏教ではすべての動作を苦ととらえてます。
食べるも苦、寝るも苦、仕事をするも苦、恋をするも苦です。
体があるからどれも満たしてあげないといけないことなんですが、しなくて良かったらする必要ないよね?というスタンス。

仏教的なスタンスでいくなれば、あまった2万はムダですよね。
これで何かしているわけではないんですから。
そもそもお金自体には何にも価値がなくて、交換しないと意味ないです。
交換せずに残しているお金もムダであれば、そのお金を稼ぐ動作もムダってことになるわけです。

この図解をよく理解できたので、長時間労働をやめることにしました。
だってそれはムダですから。

安く楽しめる動画サービス

あなたは休みの日に何をしていますか?
僕は結構家にいます。
だって今家で楽しめることがたくさんあるじゃないですか。
わざわざ外出しなくても、楽しめるサービスがたくさんありますからね。
しかも結構安いですし。
その一部を紹介しておきましょう。

因みに今から紹介するサービスは、都会に住んでいる人も結構使っている物なんですよ。
しかも、満足するまで使いこなそうとしたら、休みの日使いきっちゃうぐらい楽しめちゃうんです。

amazon prime video ※無料体験あり

Amazonプライム・ビデオ

 

Amazonプライムの会員が無料で見られるビデオオンデマンドサービスです。
Amazonプライムといえば実質月額325円で商品がすぐ届いたりムービーや音楽が聞き放題になる鬼サービスです。

30日間は無料で体験できます。

あなたも興味があればこちらからどうぞ。

dmm 見放題chライト・「闇金ウシジマくん」が無料

動画配信大手DMMが提供する月額動画配信サービスです。
動画だけで540円なので、Amazonにくらべて高くはなりますが、動画のラインナップは見たところDMMの方が良さそう……

個人的には「闇金ウシジマくん」が見られるだけでも加入する価値がある……!

2週間無料ということなので、気になるあなたはこちらからどうぞ。

無料動画を2週間試してみる

幸せに対して使うお金の金額は変わらないから、苦の少ない田舎暮らしの方が幸せ

まとめますと、幸せになるために余らせる費用は住む場所が違っても変わらないですよね。
だって今は月額何百円かでこんなすごいサービスがあるんですから。
楽しむための費用がだんだん減ってきている。
日本人にないのは時間だけかもしれないですね。
地方に住んで長時間労働をやめたら、余暇時間をつくって映画でもみたらどうでしょう?

ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

1 個のコメント

  • 最低賃金レベルだと、物価の安い田舎もメリットですね。
    賃金差は、最低3割・平均8割となっています。
    つまり大卒男性・中年以降であれば、賃金暴落ですよ。

    逆にネットビジネス・年金生活なら、田舎のほうが良い。
    本当に儲かっていれば、都会でも快適な生活です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です