築40年の家を購入して1年経過。トラブルや不具合まとめ

古民家の購入が流行っている。
僕は2016年に築40年の家を購入した。
それは古民家と呼ぶにはちょっと若い物件だが、通常解体して更地として販売されてもおかしくない状態のものだった。

それでも「おじいちゃんおばあちゃんの家っぽい」雰囲気に味を感じた。
価格も安く手に入ったし、ここに数年住んでみるのもいいかなと言う感じで住み始めた。
実際に住んでみてやはりトラブルや不具合は色々あったので、今回はそれを列挙して行こうと思う。

水回りの不具合

水回りは生活に直結するので、不具合があるとすごく困る。
うちでは2件ほど困ったことがあった。

お風呂の水が抜ける問題

何気にショックだったのが
お風呂の栓がうまく締まらなくて水が抜けて行った問題だ。
普通にお風呂に入っていて、「あれ?なんか湯が少ないな?」と感じる日が続いた。
気のせいかと思っていたら(お風呂はリフォームして新品だったので)、やはり抜けている。

この問題はリフォーム会社さんに電話して一応無料で直してもらった。
購入した時の説明書を取っていてよかったなと思った。
リフォーム会社さんの担当の方の名刺は何かあった時のためにとっておこう。

トイレの水が溢れる&止まらない問題

トイレはトラブルか2つ。
1つは水が溢れると言う問題と、もう1つは水が止まらないと言う問題だ。

前者の方は私が留守の時に妻が災難にあった。
排水溝が詰まってたそうだが、一応業者の人に来てもらったところ数万円で直った。
それは応急処置的な作業だったみたいで、原因の特定をするのであれば追加で数万円かかるとの事だった。

それはしたほうがいいのかどうかちょっと謎だったのでしていない。
下水道の問題なら個人ですることもないと思うし。
水道関係で業者とのトラブルも多いと聞くので一旦保留。

もう1つはトイレの水洗がずっと止まらなくて困ったことがあった。
そのまま放っておくと水道代がえらい事になっただろう。
意を決してトイレのタンクを開けてみたところ、水が全くなかった。

どうやらタンクを素通りして水が流れっぱなしだったらしい。
しかしタンクの中で故障しているようなところは全く見当たらない……
訳が分からず、とりあえず水洗のバーを大⇄小とグリグリ回してみる。

そしたら一応水が溜まるようになった。
こんなテレビを叩いて直すような原因と結果の法則が皆無な直し方でいいのだろうかと思ったが、結果オーライなので一応ヨシ。

古民家に住む人に強く言いたいのが、ある程度家の構造の仕組みや設備の構造の仕組みを自分で理解する気概を持ったほうがいいと言う事。

今回のはなんで直ったか皆目見当つかないが、簡単な構造の理解で不具合を自分で治せるようになるものだ。

建具の不具合

建具とは戸や扉の事(知らない人のために一応)
これに不具合があったら何気に困る。
プライバシーが阻害されるのと、あとはエアコンが効かない。

戸がきちんと締まらない問題

なぜだか分からないのだが引き戸がうまく締まらないところがある。
みた感じまっすぐの柱にまっすぐの引き戸がはまっているのだが、締めると隙間があく。

なのでうちは100均の詰め物をしてようやく断熱性を保っている。
door

ドアノブが壊れてる問題

ドアを締めるとノブが引っこ抜けそうな部屋もあった。
ノブをちょっと解体してみたものの、どこが壊れてるのかよく分からない。
なのでノブ自体を変えてしまった。

こう言うの。意外と安いでしょ。

ドアノブを交換したらドアがどんな構造になってるのかわかった気がした。
あくまで自己満足。

網戸が締まらない&網が破けてる問題

これはまぁ消耗品だししょうがないのだけれど、まともな網戸がすくない。
上記の引き戸と同じで締めても隙間があくものや、ちゃんと閉まるものの破けてて意味がないものとか。

まぁ気が向き次第順次変えていこうと思う。

床の不具合

床に不具合が起きると言うのは今まで体験がなかった。
なのでビビった。

フローリングの剥がれ

去年の夏はなんともなかったのたが、今年の夏にフローリングが凹型に反った。
いわゆるエビ反りだ。
原因はなんとなーくわかってて、床一面にクッションマットを敷き詰めたせいかなと思っている。

子供の安全のためにプラスチックのクッションマットをリビングからキッチンまでだー!っと一面に敷き詰めているのだが、多分それが湿気を閉じ込めてしまっているのだろう。

木が反ると言うことは、人間の手でわざとひん曲げない限り湿気のせいだから、そう言うことなのだろう。

今のところ逆にクッションマットが木の反りから我々を守ってくれているので、ギシギシ物音がすること以外には問題はない。

まとめ

以上がこの一年で起きたトラブルと不具合だ。
細かいものなので「住むのが嫌になったー!」と言うほどのトラブルはまだない。
住み始めてすぐに熊本の震災で結構揺れたときは怖かったが、なんともなかった。

最近は雨がかなり降ったがそれもなんともなくやり過ごせた。

あ!1つ大事な事を伝えます。
住む場所を決める時には、自治体の作成しているハザードマップはからなず見るように。
水災や土砂崩れ、津波の被害予想が載っているから、そういった心配がある場所かどうかあらかじめ知ることができるよ。

うちは一応その部分は確認してから住みました。

以上!

Posted from するぷろ for iOS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です